クールソフトキンカン クールソフトについて

商品情報をみる
使用期限はいつまでですか?
未開封で製造後3年間です。
開封した場合は早めのご使用をお願いします。
『キンカンクールソフト』の〝クールソフト〟とは、どんな意味ですか?
自社製品『キンカン』よりもソフト感があるとお考えください。
虫さされ用薬に特有な刺激性はあります。
『キンカンクールソフト』の主な特長は何ですか?
『キンカン』との比較として、次の特長があげられます。
  1. アンモニア臭がない。
  2. 皮膚刺激が少ない。
  3. プラスチック容器

『キンカンクールソフト』は、その場でかゆみが除ければ満足できる方、ステロイド剤をあえて使う必要がない方などにはお薦めです。

『キンカンクールソフト』の効能・効果は何ですか?
『キンカンクールソフト』の効能・効果は〝虫さされ、かゆみ、かぶれ、湿疹、皮膚炎、じんましん、あせも、しもやけ〟ですが、〝虫さされ、かゆみ〟を対象として製剤設計されています。
『キンカンクールソフト』の皮膚への刺激性はどの程度ですか?
『キンカンクールソフト』の刺激性は『キンカン』よりも少ないですが、虫さされ・かゆみ用薬として充分な刺激性はあります。
『キンカンクールソフト』で、注意しなければならない副作用は何ですか?
『キンカンクールソフト』は、第3類医薬品で副作用のリスクが極めて低いものです。
ただし、他の薬物でも言えることですが、体質や体調によるアレルギー性皮膚炎や、アルコール過敏症の方には注意を要します。
『キンカンクールソフト』の有効成分は何ですか?
ジフェンヒドラミン塩酸塩(抗ヒスタミン剤)とl – メントール、d -カンフル(冷感刺激剤)です。
ジフェンヒドラミン塩酸塩が本剤の主有効成分となります。
ジフェンヒドラミン塩酸塩の〝抗ヒスタミン剤〟とは何ですか?
ヒスタミンは、痛みやかゆみを感じさせたり、じんましんを生じさせたりする物質です。
皮膚などになんらかの刺激があるとヒスタミンが放出されますが、抗ヒスタミン剤はヒスタミンの受容体に対し競い合って先に結合します。
ヒスタミン受容体がフタをされ、ヒスタミンが結合できなくなることによって、かゆみを感じなくなります。
虫さされ薬にl – メントールが配合されているのは見かけますが、d-カンフルはあまり見かけません。ほとんどがd – カンフルとなっています。違いは何ですか?
l – メントールは薄荷(ハッカ)の精油成分で、天然物タイプの化合物です。
d -カンフルは樟脳(ショウノウ、クスノキの精油)で、これも天然物タイプの化合物です。
d – カンフルも天然物として存在しますが、樟脳タイプではありません。
昔からタンスの防虫剤として知られていた樟脳は、虫さされ薬としても使われていました。