日本の国民病とも言われる肩こりと腰痛。
冬になると、肩や腰のこりが酷くなることはありませんか。

例年よりも緩やかに気温が下がってきた今年の冬。
しかし、これからますます本格的な寒さが訪れてきます。
冷えからくる肩こり・腰痛の原因と、解消方法をお伝えいたします。

冷えからくる肩こり・腰痛の原因の多くは血行不良

夏はそうでもなかったのに、冬になると途端に肩や腰が重くなることはありませんか。
じつは、それは体内の血液の流れが悪くなっていること事が考えられます。

血液やリンパ液といった体液の循環が悪くなると、体中に十分な栄養が行き渡らずに老廃物が溜まります。
老廃物が溜まることによって、古い細胞が新しい細胞に生まれ変わりづらくなり、「こり」を招きやすくなってしまうんです。

冷えると血行不良が起こるのはなぜ?

では、なぜ寒くなると血流が悪くなるのでしょう。
体から熱を逃がさないように、筋肉が収縮することも原因にあげられます。
寒い時期に外へ出ると「身体が縮こまる」ことがありませんか。
皮膚で感じた「寒さ」が脳に伝えられ、身体に「熱を逃がすな」という命令がくだされます。
脳からの命令によって身体は熱を逃さないように、筋肉をきゅっと縮ませて硬くするのです。

体中に巡る血管は筋肉の間を縫うように広がっています。
筋肉が硬くなると、筋肉に挟まった血管が締め付けられ、結果的に血液がスムーズに流れなくなってしまうんです。

例えば、手首をぎゅっと掴んでみます。すると血液の流れが止まったような感覚がありませんか。これと同じように、筋肉の締め付けによって血液の流れが悪くなるのです。

「筋肉を収縮させて熱を保つ」つまり、身体の防衛本能のひとつですが、筋肉が硬くなった状態が長時間続くと血液の流れが悪くなり、老廃物が溜まっていってしまうのです。

冬の肩こり・腰痛の予防は?

冬の肩こり・腰痛予防はまず温めることから

肩こり・腰痛の予防には、まずは身体を冷やさないことです。
脳から身体に「寒いから保温しろ」という命令がくだされないように、温かい格好をしましょう。ただし、厚着をし過ぎると、服の重量のせいで肩こりを引き起こす場合もあります。できるだけ、軽くて温かい衣類を選んでくださいね。

同じ体勢のままは危険?筋肉を動かしてあげよう

また、仕事や育児で同じ姿勢を保ち続ける人なども注意が必要です。血液の循環は主に心臓で行われますが、重力に逆らって全身の血液を心臓に戻すには、筋肉の収縮と弛緩の作用が必要になってきます。

筋肉を動かすことが少ないと、血液の流れを良くする筋肉のポンプ作用が減り、その結果血行が悪くなります。こまめに歩いたり、軽いストレッチなどで筋肉を動かすようにし、血行が悪くならないよう心がけましょう意識しましょう。

★☆ 冬の肩こり・腰痛予防ポイント ☆★

身体を冷やさないように温かい格好をする
重量の軽い衣服を選ぶ
同じ体勢を保ち続けないように、時折身体を動かしてあげる
こまめに歩いたり、軽いストレッチをすることを意識する

どうしても肩や腰が重いな、こったなあと思った時は

その肩こりや腰痛は刺さるような「痛み」ではありませんか?
刺さるような痛みを伴う場合は炎症を起こしている可能性もあるので、むやみに揉みほぐしたりせずにまずは冷やしましょう。
このような症状の場合は、できるだけ病院で診てもらうようにしましょう。

入浴やホットタオルで身体を温めてあげる

痛みがなく、慢性的に「肩がこってるな」「腰が重いな」という場合は、入浴やホットタオルで体を温めるのが効果的です。

お風呂は39〜40度の温度で約15分ゆっくりと浸かる方法が効果的。顔からじわりと汗が滲み出てきたら、身体の中まであったまったというサインです。
しかし、湯冷めしてしまうと逆効果になりますから気をつけてくださいね。

ホットタオルの作り方はとても簡単です。
濡れたフェイスタオルを市販のラップで包み、電子レンジで30秒ほど温めるだけ。
レンジでチンした直後はとても熱いので、気持ちいいと感じる温度まで冷ましてから肩や腰にあてましょう。

他にも慢性的な肩こり・腰痛には、軽い運動、ストレッチが効果的です。筋肉を動かして血行を良くしてあげましょう。

内蔵を冷やさないように腹巻きを!

冬の肩こり・腰痛の予防には腹巻もオススメです。
内臓を冷やすことは「万病の元」とまで言われています。
お腹を冷やさず腹巻で保温することで、内臓の血液循環を促しましょう。
すると、体中の冷えが改善されやすくなり、結果的に血流も良くなります。
冷えからくる肩こりや腰痛は、腹巻きをすることで改善されることもあります。

★☆ 冬の肩こり・腰痛をほぐすポイント ☆★

ホットタオルや入浴で身体を温める
湯冷めすると逆効果なので気をつける
軽い運動とストレッチをして筋肉を動かしてあげる
内蔵を冷やさないように腹巻きでお腹を保温する
痛みが伴う場合は温めずに、まずは病院で診てもらう

冬の肩こり・腰痛にもキンカン

いつも薬箱に湿布があるとは限りませんよね。
でも、夏に購入したキンカンが薬箱に眠っていませんか?

キンカンはビンや箱、添付文書にも記載されているように、肩こりや腰痛にも効果があります。
重く感じている箇所に、ひと塗りしては乾かし、ふた塗りしては乾かしと、数回にわけて塗布します。

スッとした感覚の後に来る温かい感覚の相互作用によって、患部の痛みを和らげていきます。
とてもお手軽に「肩こり・腰痛」の痛みを和らげてくれるんです。

夏だけしか出番がないと思っていたキンカン
冬の冷えでこり固まった肩や腰のためにも、常にそばに置いておきたいですね。
冬はミカンと共に、コタツの上にキンカンを常備されてはいかがですか。


肩こり腰痛についての監修:ひふみ整体 大塚真也
http://hifumiseitai.com/

ライター:みちだあこ
シングルマザーと して、世の中の子どもを育てる人に役に立つ情報を発信し続けています。