特長

○5つの成分の4つの効果で虫さされによるはれやかゆみにしっかりと効きます。
・かゆみ止め:クロタミトン、リドカイン
・皮膚の修復:アラントイン
・抗炎症:プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル
・殺菌:イソプロピルメチルフェノール
○PVA(プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル)は、患部で優れた抗炎症作用を発揮し、その後、体内に吸収されると作用の穏やかな物質に分解される特性があります。
○よくのびて、べたつかないクリームです。

効能・効果

湿疹、かぶれ、かゆみ、皮膚炎、じんましん、あせも、虫さされ

成分及び分量【1g中】

プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル   1.5mg
クロタミトン   50mg
アラントイン   2mg
リドカイン   10mg
イソプロピルメチルフェノール   1mg

添加物として、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンセチルエーテル、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、ステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン、グリセリン、ステアリルアルコール、ベヘニルアルコール、セタノール、プロピレングリコール、メチルフェニルポリシロキサン、スクワラン、パラベン、エデト酸Na、ph調整剤を含有します。

剤形 / 容量

クリーム / 10g

用法・用量

1日数回、適量を患部に塗布してください。

<用法・用量に関連する注意>

  1. (1)定められた用法・用量を守ってください。
  2. (2)小児に使用させる場合は、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
  3. (3)目に入らないように注意してください。万一目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお、症状が重い場合には、眼科医に診療を受けてください。
  4. (4)外用にのみ使用してください。
  5. (5)塗布後、その部位をラップフィルムなどの通気性の悪いもので覆わないでください。

使用上の注意

【してはいけないこと】〔守らないと現在の症状が悪化したり、副作用がおこりやすくなります。〕

  1. 次の部位には使用しないでください。
    1. (1)水痘(水ぼうそう)、みずむし・たむし等又は化膿している患部
    2. (2)すり傷、切り傷
    3. (3)目の周囲、粘膜(例えば、口唇等)
  2. 顔面には広範囲に使用しないでください。
  3. 長期連用しないでください。

【相談すること】

  1. 次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
    1. (1)医師の治療を受けている人
    2. (2)妊婦又は妊娠していると思われる人
    3. (3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
    4. (4)患部が広範囲の人
    5. (5)湿潤やただれのひどい人
  2. 使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
    関係部位症状
    皮膚発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、乾燥感、刺激感、熱感、ヒリヒリ感
    皮膚(患部)みずむし・たむし等の白癬、にきび、化膿症状、持続的な刺激感
  3. 5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

保管および取扱い上の注意

  1. (1)直射日光の当たらない涼しいところに密栓して保管してください。
  2. (2)小児の手の届かない所に保管してください。
  3. (3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用を避け、品質を保つためです。)
  4. (4)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。

FAQ-よくある質問-

使用期限はいつまでですか?
未開封で製造後3年間です。
箱の底面及びチューブの閉じている部分にてご確認頂けます。
なお、開封後は使用期限に関わらず、早めのご使用をお願い致します。
『キンカンピラック』の〝ピラック〟とは、どういう意味ですか?
ピラックは各成分の頭文字です。

P : Prednisolone valerate acetate (プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル)
I : Isopropyl methylphenol (イソプロピルメチルフェノール)
L : Lidocaine (リドカイン)
A : Allantoin (アラントイン)
C : Crotamiton (クロタミトン)

『キンカンピラック』の主な特長は何ですか?
5つの成分の4つの効果で虫さされによるはれやかゆみにしっかりと効きます。

【4つの効果】

  1. かゆみ止め
  2. 皮膚の修復
  3. 抗炎症
  4. 殺菌

キンカンと比較して、炎症を抑える効果が高いのが特長です。
赤み・ハレが強い場合にオススメします。

使用量の目安はどのくらいですか?
指の第一関節分の量で、てのひら2枚分の面積を目安としています。
患部の範囲によって調節してください。
使用する際は、赤くなっている部分にうすく延ばして使用してください。
キンカンピラックはどのくらいの期間塗り続けてよいですか?
5~6日間使用してもよくならない、または悪化した場合は医師に相談してください。
ステロイドと聞くと副作用が心配です。注意事項はありますか。
キンカンピラックではアンテドラッグといわれるステロイド剤を使用しています。
アンテドラッグとは、皮膚で優れた抗炎症活性を示し、体内に吸収されると作用の穏やかな物質に分解される安全性を考えたステロイド剤です。
但し、どんな薬でも正しく使うことが大切です。以下の注意をしっかり守って使用してください。

  • 化膿している部位や細菌感染を起こしている場所、傷口や粘膜には使用しないでください。
  • 必要な期間必要な分を使用してください。(症状が改善しない場合には医師に相談してください。)

PVAとは何ですか?
プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルのことです。
一般英名はprednisolone valerate acetate と言います。略号で『PVA』と表記します。
キンカンとキンカンピラックを同時に使用してもよいですか?
同時使用は避けてください。
併用する場合には、キンカンが完全に乾いた後、時間を置いてからキンカンピラックを塗布するようにしてください。