ヒトスジシマカ

昼間に吸血をする蚊で、逆に夜になると活動が止まります。ヤブカとも呼ばれてます。 小型で黒く、背中の部分に一本の白い線があり。体長は5mmほど。小さな水たまりが発生源です。

アカイエカ

活動時間は主に夜(日没)から日の出まで、屋内で最も普通に見られます。 中型で赤褐色。耳元でプ~ンと羽音を立てる蚊です。

チカイエカ

都心で最近増えています。ビルなどの地下水域から発生し、低温に強く冬期休眠しないヤッカイな蚊。


ブユに刺されると、血が流れ出て、唾液に含まれる毒素によって激しいかゆみと腫れが生じます。別名はブヨ、ブトと呼ばれ、日本でおよそ30種生息しています。人の血を吸うのはアオキツメトゲブユを含めて5種類くらいです。

アオキツメトゲブユ

体長約4mm、灰黒色、脚の腿節と脛節に黄色部があります。人のほか馬や牛からも激しく吸血するブユです。

アシマダラブユ

体長3-5mm、黒褐色で、脚に黄白色の斑紋をもっています。日本全土に分布する吸血性の普通種です。


ウシアブ

体長23~29mm。褐色がかって、複眼が緑色です。幼虫は放牧場の土中や水田などに生息し、ミミズなどを捕食していますが、人に刺咬症の害を与えます。

アカウシアブ

体長25~30mm。吸血性アブの最大種で、日本に広く分布しています。スズメバチによく似ているのでハチアブという別名で呼ばれます。

シロフアブ

体長18~20mm。腹部は黒く、腹部背の灰白の三角斑が目立ちます。人のほか牛を好んで吸血します。


イエダニ

体長は0.5~1mm。淡い褐色です。ネズミや鳥の体や巣の中からはい出して人から吸血します。

ミナミツメダニ

体長は、約0.5mm。体色は乳白色です。触肢は強大で末端の爪も発達しています。 首筋や腹部、足等の柔らかい部分を刺咬します。

ケナガコナダニ

体長は、0.3~0.5mm。乳白色で、胴体部に多数の長い毛が生えているのが特徴です。 食品のほか、新しい畳などに大発生することがあります。


ヒトノミ

体長はメス2~4mm、オス1.5~3mm。 全世界に分布し、人をはじめ数十種の哺乳類や鳥類から吸血します。

ネコノミ

メス2~3.5mm、オス1.5~2.5mm。頭部の長いのが特徴です。 全世界に分布し、イヌノミより人にたかりやすく、ネコはもちろんイヌやネズミにも外部寄生するノミです。

イヌノミ

メス3~4mm、オス2~3mm。頭の形が丸いのが特徴です。イヌのほか多くの哺乳類や人に外部寄生します。


オオスズメバチ

体長は女王43~45mm、働きバチ27~40mm。世界最大のスズメバチです。 人に対する攻撃性はスズメバチ類で最も強く、巣に近寄るのは非常に危険です。

アシナガバチ

体長20mm前後のハチで,軒下,木の枝などいろいろな場所に巣を造ります。スズメバチに比べ、全体的に細身であり脚が長いのが特徴です。

アリガタバチ

体長2mm前後で、赤褐色、雌にははねがなく、寄生バチの一種でアリによく似ています。6~9月頃、大発生することが多く、その場合は人を刺す被害が起きます。